胃腸の不調|職場事例

胃腸は神経の影響ばかりでなく、飲食後に間なく運動や力仕事をする人にも不調を訴える人が多いようです。また、夜の飲酒後に締めのラーメンなどを食べて、直ぐに寝てしまう人には逆流性食道炎などを訴える人が多いように思います。

 

こうした人の症状の緩和にも、ウォーキングは適しています。わたし自身が逆流性食道炎を患ったときの医師の診断は、忘れることができません。

 

医師曰く、「治せないから、薬などを飲みながらうまくつきあっていった下さい」と。あなたには、こうした医師からの何だか突き放されたような言い方をされたことなないでしょうか。

 

わたしはこれをきっかけにダイエットや栄養学、健康本などを読み進め、実践するうちに他の生活習慣病も含めて全て治ってしまいました。もちろん薬は一切使いませんし、そもそも健康を取り戻す自然治癒力を私たちのからだはちゃんと持ち併せていることがよく分かりました。

 

後はどんな組み合わせや手順で、より早く健康を取り戻すことができるかというだけに過ぎません。

 

残念ながら、今日の病院化社会では、何でもかんでも医師に任せろ、医師に相談しろといいますが、むしろ医療から離れた方が過剰な医療、過剰な薬の投与を受けずに自身で健康に気をつけることができるようになります。

 

その第一歩が胃腸の不調を整えることです。適度な運動としてウォーキングを取り入れる。食事は生野菜を摂ることを心掛け、果物なども積極的に食べるようにして、かつ生きた酵素を食べるように意識することではないでしょうか。

 

すると、排泄も自然に、快適に行われて、体全体が軽快感が増していきます。

胃腸不調者への職場での取り組み

職員食堂があり、職員の健康を気遣うことができる大手のような職場では、是非とも新あしい栄養学を理解したちゃんとした栄養学を身につけた栄養士を雇い入れましょう。栄養士といえども、日本の栄養学はドイツ栄養学に基づいた教育が行われているように思います。

 

その点から、知るべき知識の一部が欠如し、カロリー主義に陥りがちとなり、便秘がちの人が後を絶たず、血液の濁りからくる疾病や痔疾などにもつながりやすく、病院でも患者の回復に余分な時間がかかるように見受けます。

栄養士の資格と力量

どんな知識や実践も、必要かつ十分に取り組んでこそ、より早く良い方向に導くことができますが、その視点からは現在の栄養士や管理栄養士の資格を保有したからといって決して健康を取り戻すことができると限りません。

 

栄養面からも、組織的な食中毒を出さない安全だが栄養の一部として重要な酵素を殺すような食事が提供されてしまっています。酵素や食後の消化時間をも考慮した視点からの確かな栄養知識を身につけている栄養士を雇用されることを強くお勧めします。