慢性的な腰痛|職場事例

職場で慢性的な肩こりに悩んでいる人は多いのではありませんか。1日の生活時間を考えると、パソコンに向かったり、スマホを見たりする時間がなんと多いことでしょう。腰痛の不安を払しょくし、ヘルスリテラシーを高めるために克服すべき課題のひとつです。

腰痛の原因

体の重心が保たれて左右差を感じないようなS字カーブがあるうちは問題がありません。しかし、デスクワークが長すぎたり、歩かない生活習慣が続いて深層筋が硬直してくると体は固くなります。すると腰部にある骨盤が倒れています。直接的な腰痛の原因は、姿勢が悪いことに起因しています。腰痛

腰痛の種類

腰痛には内臓系疾患や他の疾病からくる場合もありますが、ここでは純粋に腰椎に何らかの変性が見られる場合を、以下に分類しました。

慢性筋肉性腰痛症 腰骨を支える筋肉や靱帯に疲労がたまった状態で、軽い症状ならば直に回復しますが、筋肉の緊張・疲労が積み重なると、腰の筋肉がこわばり、うっ血を伴い、常に鈍い痛みを感じます。
ぎっくり腰 突発性腰椎捻挫ともいいますが、「魔女の一撃」そのもの。重い荷物を持ち上げようとしたときや無理な姿勢で物を動かそうとしたときなどに、突如腰部に激痛が走ります。
腰椎椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアといわれることが多いようですが、何らかの原因で腰部椎体の間にある椎間板に亀裂が入り、髄核が外側に押し出されて神経根を圧迫して激しい痛みを感じます。
腰部脊柱管狭窄症 椎間板や椎間関節の変形などで脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されるために痛みやしびれを伴います。
変形性脊椎症 椎間板が衰えることで、上下の脊椎の骨が変形したために起きます。周囲の筋肉・靭帯も弱くなります。力仕事やスポーツで筋肉バランスが崩れた人に見られます。
その他の腰痛 事故や転倒などで外部から衝撃を受けたことで、腰に痛みがでることがあります。特に高齢者や若くても骨粗鬆症を発症していると、打撲だと思っても圧迫骨折だったりします。

腰痛になった時の治療法、対処法

現代的な生活が、腰部に負担をかけていることを認識しているでしょうか。立位と椅子などに腰かけた座位と、どちらが腰部や背中に負担をかけているでしょうか。実は座位の方が負担が大きいのです。

腰痛予防は歩くこと

最近このことが認識されたのか、立ってパソコンなどの作業するという職場までつくられました。取り組みとしては面白いと思います。しかしそれには混合させることも必要になりますから、新たなデスクを買い揃えたり、スペースを作るなど、随分投資が必要です。

 

しかし一番簡単な腰痛予防は、深層筋が解放される時間をつくることです。何も職場で取り組まなくても、一番簡単なのはちょっと長めに歩くことです。さらに、腰部の深層筋意識して緩めることが大切です。単にその柔軟性を高めるというより、長年、また日ごろから使われないことで、徐々に痩せ細り、硬直化した骨格に付随するように位置する深層筋を適度に刺激する技術やコツが必要です。

 

ペインフリーを謳う運動療法などでは、様々な治療を試したが腰痛が取れないという方でも、深層筋などに順序良く刺激を与えることで、その鈍痛が消えたという事例はいくらでもあります。腰部を反らせるだけの単純な運動ではなく、腰部から背面、その上下への刺激などを効率よく行うと、体全体のバランスも効率よく修正してくれるようです。情報は、ある所にはありますね。あとはちゃんと実践することです。

 

特に近年、筋肉が健康に重要な役割を果たしていることが、分かった来ていますが、その前に痛みもいち早く取り去ってくれます。ぜひ深層筋を意識したストレッチを取り入れましょう。

 

その視点から、職場では少々厚みのあるヨガマットのようなスペースを確保しておくと、短い空き時間に軽い運動としてストレッチなども行いやすくなります。お金をかけなくても、場所の確保とメニューを提供するだけで、職場の健康経営の在り方は大きく変えることができると思います。