歩くことからはじめる、疾病予防・介護予防

とかく介護予防というと高齢者といわれる60代、70代を意識しがちです。しかし長年の運動不足が続くと40代、50代でも足腰の筋肉のみならず、心肺機能までも大きく落ちています。それを徐々に機能回復させるという点で、こうした人たちはウォーキングからはじめるというのは欠くことのできないスタートラインに立つための運動です。

ウォーキングからはじめる

とかく中高齢者を相手に、筋トレが重要だとか、スクワットがいいという指導者を見かけます。効果が十分あることはよく承知していますが、わたしは敢えてお勧めしません。

 

ちなみにわたしは今は1〜3日に1セット100回のスクワットを行います。腕立て伏せも、今なら何十回かできるでしょう。

 

しかし、長年運動を怠ってきた人には、こうした腕立て伏せのような筋トレを始めることも、スクワットを行うことも負担が大きすぎて、続かないからです。徐々に負担を強くすることが重要で、個人差は大きいため、自分で何から始めるかをしっかり吟味することが必要です。

 

そんな中で、誰でも出来るのがウォーキングです。但し、むやみに長時間行うこともひとりで続けることのハードルを高くしてしまいます。そこでお勧めしたいのが、夜などの一定の時間、ショッピングを楽しむなどの特定のお店をいくつか見つけて、定期的に出かけることです。本屋でも、洋服屋でも、単に大型のショッピングセンターでも構いません。歩く距離と時間を考慮して、その距離と時間を徐々に延ばしていきましょう。