月経不順・PMS(月経前症候群)|職場事例

生理前になると下腹部が張ったり、腰が痛くなったり、胸が張り痛みを感じたり、頭痛、めまい、肌荒れなど、いつもと違う症状を感じませんか。 一般に「生理前になるとイライラする」と表現されるようなメンタルな面をふくめ、月経がある年代の女性の概ね7〜8割もの人が生理前ともなると違和感があるといいます。
月経前症候群、PMS、月経不順
生活上困る症状でなければ「生理的な変化」で、月経が近づいている兆候といえます。しかし、生活に支障が出るような不快さがあれば、これを「PMS(月経前症候群)」と呼んでいます。その対象女性は、2〜4割のいると考えられています。

食事は適切か

そこで考えてみたいのが、食事に関する調査です。現代人は加工食品をとることが多く、酵素栄養学、ホリスティック栄養学、あるいは分子栄養学の視点からすると良い食事をしているとは見なされません。

 

とかく現代栄養学がドイツ栄養学の流れを強く受けているのに対して、上記の栄養学を知ることで違う対処法を考えることができるはずです。ビタミンや微小ミネラルを普段の食事から自然に摂るだけで、体の反応も軽快さが増すかもしれません。その為の調理法も重要な視点です。
家庭料理と月経前症候群
残念ながら、職場などの食事の様子をつぶさに見ると、例えば持参された弁当を見たり、簡単なインスタント食品を毎日食べている様子を見るにつけて、とても栄養バランスが優れているとは言えないことが多いように見て取れます。その点で、食事が適切なものか、今一度考えるべきではないでしょうか。

適度な運動をしているか

歩く女性社員と月経前症候群

女性のみならず、男性も含めてですが、私たちの日常で適度な運動とは、どの程度の運動しているでしょうか。

まずは、よく歩くことです。血流がよくなり、セロトニンが活性化し、体調にも睡眠にも良い変化が期待できます。歩くことを軽んじてはいけません。但し、姿勢が悪い人は、骨盤が前後いずれかに倒れて臓器が揺れている状態が続き、疲れが出やすい状態です。ストレッチをしながら、深層筋い刺激を与えて骨を正しい位置に導きましょう。やがて、徐々に姿勢が整い、疲れが和らぐようになってきます。

職場における月経不順、月経前症候群への取り組み