心臓の不調、心臓病|職場事例

心臓は鼓動が不快であれば、仕事への影響も大きくなります。心臓疾患や異常は、不整脈、狭心症、弁膜症、心筋梗塞などで、症状にも動悸や息切れ、浮腫み、痛みや発作とこれらからくる不安も大きいものです。
心臓疾患
東洋医学では心臓病は水毒だといいますが、この指摘は重要だと考えています。歩くことや血液の流れを促すことが一番ですが、体調によってこれが出来ないときでも緩やかに下半身の筋肉を増やすソフトな運動から始める方法もあります。

心臓疾患でも出来る運動

現代医学の流れでは、全て「医師の判断に従う」ことが求められますが、実は現代医学の守備範囲は案外狭いということを認識しておくことが大切です。重症化していない状況においては、生活習慣に課題があるという認識に立って、日常生活のどこをあらためるかという問題意識を持ちながら自己責任で運動に取り組むことが回復への近道でしょう。