ヘルスリテラシーを高める方法

社会には『健康情報』が溢れています。その真贋を見極めるばかりでなく、良いことを自ら実行する能力や時間が必要となります。場合によっては、それらに取り組みながら時折修正を余儀なくすることもいとわない余裕が必要です。これこそが『ヘルスリテラシー』と呼びにふさわしい実行力を伴う習慣ともいえるでしょう。

ヘルスリテラシーとは何か?

『ヘルスリテラシー』の定義づけがされたのは、日本では決して古いことではありません。しかし、『健康情報』が溢れかえっています。その中から真贋を見極め、生活に取り入れるべきものやその取り組むべき課題の優先順位、さらには当事者の生活環境にどんな事なら継続して取り組むことができるかの優劣を考えることが大切です。

 

言い換えると、情報や知識、実行力として併せ持つことで、初めてヘルスリテラシーを高めることができます。その向上策には生活環境、経営環境、また時間やコストを考えたうえで、経済的にも、時間的にも無駄のない取り組みが求められます。

 

健康経営におけるヘルスリテラシー向上策とは、上記の総合的な取り組みそのものです。

ヘルスリテラシーのポイントを押さえる

ヘルスリテラシーを高めるというと、あの知識もこの知識と幅広く知ったうえで世に溢れる健康情報を選別して、良い情報をかき分けて、実践しようと思っても土台無理な話です。そこで、ライターが自らの生活習慣病を自力で治した経験と運動の実践から得た教訓、本を読み漁った情報などから、気をつけるべきポイントをお伝えします。

生活の中での健康への行動

そもそも現代医学でさえ、怪しいことが多すぎます。高血圧ひとつ、ろくに治せないでしょう。こうしたことをしっかり認識して、肝心な部分にポイントを絞りましょう。以下に記したことは何気ないことですが、これを掲げるにはちゃんとした理由があります。別に、解説いたします。

  1. 姿勢を良くする運動をする
  2. 腹囲に気をつける
  3. 毎日10,000歩以上歩く
  4. 階段を一段飛びで上がる
  5. 階段を一段飛びで降りる
  6. 食事は満腹まで食べない
  7. アルコールは適当に
  8. 料理は素材を丸ごと調理する
  9. 生活習慣病でクスリは飲まない

これらを心掛けて実践するだけで、かなり心身ともに健康を維持できます。

健康の異変へのバロメーター

一方、私たちのからだや生活、変化のどこに気をつけるかというのも、一種の健康の異変へのバロメーターのようなもので、食べるものや体調に問題があるということを示しています。例えば、たかが便秘とバカにしてはいけません。ちゃんとした問題が隠れています。その事例をご紹介します。

  1. 便秘は、食べるものが悪いから
  2. 慢性腰痛は、深層筋が硬くなっているから
  3. 歩幅が小さくなっているのは、股関節が硬くなっているから
  4. 階段を一段飛びで降りれないのは、S字カーブのバランスが崩れているから
  5. 片頭痛は、首に異常があるから
  6. 臭いオナラは、食べるものが悪いから
  7. お腹が出てくるのは、筋肉が大幅に衰えてきたから

 

ヘルスリテラシーを高める記事一覧

肩こりは加齢とともにやってくるということともに忍び寄ってくるといえるのかもしれません。何故なら、加齢で端的に表れるのは姿勢の悪化です。遠くから見るといかにも中高年齢者だとわかる一番の要因は、姿勢によるもので、けして容姿ではありません。姿勢が見た目年齢を決めるそもそも遠めに人の容姿は判断がしづらいと思いませんか。姿勢が良いと、見た目年齢がグッと若くなります。その理由は、「姿勢の良さ」は@筋肉が必要な...